一戸建てのメリットについて

一戸建てはきちんとメンテナンスすれば何十年も住めます

一戸建てのメリットについて 一戸建てを購入するということは一生のうちで1度か2度、まさに終の棲家であって欲しいものです。しかし、一般的には20年程度が木造一戸建ての寿命を考えられており、実際中古住宅においては築20年以上のものは建物の価値がないとの査定をされることが多くなっています。しかしながら、定期的にメンテナンスすることで20年おろかその2倍以上も問題なく住むことが可能です。それではどのような点に注意しながら住んだりメンテナンスすればよいのでしょうか。

まず日頃の生活で大切なことは家の中の風通りをよくするということです。湿気はカビ等の原因となり木などの土台の劣化につながります。ですので、時には家全体の窓をあけるなどして換気に心掛けるようにしましょう。人が住まなくなると家が傷むというのはこの風通しがなくなることが原因の1つです。次に修繕についてですが、問題が発生してから修繕するのではなく定期的にメンテナンスすることで住宅の寿命は劇的に伸びます。特に重要になってくるのが屋根と外壁です。水漏れが住宅の寿命の決定的な要因になることが多いので屋根部分の定期的な確認、錆等が発生した場合の修繕、そして10年から15年に1度は屋根部分の補修をすることが大切です。外壁についても同様に問題がなくても10年程度で修繕することが大切です。

Copyright (C)2022一戸建てのメリットについて.All rights reserved.